オールインワンゲルの保湿効果

オールインワンゲルの中には、保湿力に力を入れた商品がいくつかあります。様々な美容効果が期待できるオールインワンゲルですが、特に肌が乾燥する方は、保湿成分が配合された商品を選ぶ事をおススメします。

 

保湿成分で代表的なものと言えば、セラミド・ヒアルロン酸などがあげられます。セラミドは肌の保湿には欠かせない成分で、元々肌にも存在しています。アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌の方は肌にセラミドが不足していることがわかっており、外側から補う事で肌のバリア機能を高めます。セラミドは皮脂の一種で、水に溶けない性質を持っており、肌の角質層で肌の保護や水分が蒸発しないよう、カバーする役割を果たしています。セラミドが配合されているオールインワンゲルを利用すると、肌の表面に油分の膜を作り、肌が持つ水分を蒸発させないよう守ってくれていると考えれば良いでしょう。

 

また、ヒアルロン酸も元々肌の中に存在する成分で、1g当たり6リットルもの保水力を持っている成分です。ただ年齢と共に減少していきますので、肌が乾燥している方は外側から補うと、保水力が回復します。赤ちゃんの頃を100%とすると、50代の頃になれば45%と、半分以下の量まで減少してしまいます。保水力が回復すると細胞が水分を蓄える力が高まり、肌のハリや弾力もアップしてきます。

 

乾燥肌の方がオールインワンゲルを選ぶときは、保水性が高い成分が配合されているものを選んでみて下さい。また、先ほども説明したとおり、年齢を重ねる事で保水力は低下するため、アンチエイジング効果を期待している方にもおすすめです。